「インバウンド強化セミナー」のモデレーターとして

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、今後も増加していく訪日外国人観光客。そこで各分野の専門家を講師に、インバウンドについて理解を深め、ビジネスチャンスに繋げようと「インバウンド強化セミナー」(主催:北杜市雇用創造協議会)が、7月5日、10日、19日の3日間、北杜市・須玉ふれあい館にて開催されています。当法人代表理事の小林がモデレーターを務めさせていただいております。

7月5日(木)第1回目「インバウンドを取り込むためのノウハウ編」

初日の5日。冒頭に代表理事の小林より「八ヶ岳観光圏の取り組みとインバウンド対応」についてお話しさせていただきました。

 

株式会社ゼロイン ディープジャパンの木立様からは、「インバウンドを取り込むためのノウハウ編」。具体的で分かりやすく、とても参考になるものでした。

 

後半には代表理事も加わり質疑応答。

参加者との一体感のなか、初日終了となりました。

 

7月10日(火)第2回目「観光マーケティング編」

第2回目は、「観光マーケティングの必要性と分析から見える地域の魅力」がテーマ。1回目に続き、冒頭に代表理事の小林より、観光におけるマーケティングの捉え方、ポイントをお話しさせていただきました。

 

続いてマーケティング・リサーチ会社の株式会社アンド・ディの橋口取締役より、調査から読み取れる「八ヶ岳観光圏の特殊性」、「理想とするマーケティング・リサーチ体系」、調査の際に気をつけることまで丁寧に講義いただきました。

 

 

第3回目は、7月19日(木)に、観光庁より観光産業課 観光人材政策室 参事官の田村寿浩氏をお招きし、「地域づくり人材育成について」お話をいただきます。

※19日の席がまだ若干あるようですので、ご興味ある方は雇用創造協議会まで
ぜひ、お問い合わせください。
「イバウンド強化セミナー」について詳しくはこちら

北杜市雇用創造協議会との連携

北杜市雇用創造協議会との連携

北杜市を対象として「北杜市雇用創造協議会」(北杜市、北杜市企業交流会、北杜市商工会、一般社団法人北杜市観光協会、一般社団法人八ヶ岳ツーリズムマネジメント、梨北農業協同組合、北杜市農業企業コンソーシアム、株式会社山梨中央銀行須玉支店、国立大学法人山梨大学、山梨県立大学、山梨県立北杜高校、北杜市立甲陵高校により構成)が事業構想の提案を行い採択されました。これに伴い、北杜市雇用創造協議会と連携し、実践プラン支援、各種セミナー講師手配などを行っています。

北杜市雇用創造協議会との連携に関連するその他の記事