「インバウンド強化セミナー」第3回目が開催されました

当法人代表理事の小林がモデレーターを務めさせていただいている「インバウンド強化セミナー」(主催:北杜市雇用創造協議会)の第3回目が、7月19日に北杜市・須玉ふれあい館にて開催されました。
3日間にわたり行われたセミナーの最終日である当日は、観光庁より観光産業課 観光人材政策室 参事官の田村寿浩氏をお招きし、「地域づくり人材育成について」等のお話をいただきました。

7月19日(木)第3回目「地域づくり人材育成編」

冒頭にモデレーターである当法人代表理事の小林より、あらためてインバウンド対策の重要性と、その対策がやさしい地域づくりや国内旅行者の来訪にも繋がることについて、お話しさせていただきました。

 

続いていよいよ観光庁の田村参事官が登壇。
調査データに基づいた観光の意義・現状、国が目指す観光政策の方向性や具体的な取り組み・事例などを踏まえ、観光産業における人材育成ついてじっくりご講義をいただきました。

後半の質疑応答では、各施設を運営する立場から課題や質問が寄せられ、ひとつずつ丁寧にお答えくださいました。

 

各分野の専門家を講師に、インバウンドについて理解を深め、ビジネスチャンスに繋げる「インバウンド強化セミナー」。これをきっかけによりインバウンドへの受け入れ態勢が進み、同時にやさしい地域、誇れる地域につながればこのセミナーの意味があるのではと感じました。

 

 

第1回目、第2回目の様子はこちらから

北杜市雇用創造協議会との連携

北杜市雇用創造協議会との連携

北杜市を対象として「北杜市雇用創造協議会」(北杜市、北杜市企業交流会、北杜市商工会、一般社団法人北杜市観光協会、一般社団法人八ヶ岳ツーリズムマネジメント、梨北農業協同組合、北杜市農業企業コンソーシアム、株式会社山梨中央銀行須玉支店、国立大学法人山梨大学、山梨県立大学、山梨県立北杜高校、北杜市立甲陵高校により構成)が事業構想の提案を行い採択されました。これに伴い、北杜市雇用創造協議会と連携し、実践プラン支援、各種セミナー講師手配などを行っています。

北杜市雇用創造協議会との連携に関連するその他の記事