第2回 新型コロナウイルス感染症対策ワークショップを開催しました

観光庁の「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」実証事業として、観光・飲食・宿泊業従事者の皆様に向けた「withコロナ期の感染症対策」ワークショップを令和2年12月2日に開催いたしました。第2回目となる今回は、宿泊施設の品質認証のプロフェッショナルである北村剛史氏をお招きし、「日本的な感染症拡大防止対策と今後求められる取り組みレベル」と題して講演を行っていただきました。最新の感染症情報や3感染(エアロゾル感染、飛沫感染、接触感染)ルート遮断についてと施設側の取り組みに関するポイントや対策のチェック点など詳しくお話いただき、参加者からは非常にためになったとご好評いただきました。

当日資料: 日本的な感染症拡大防止対策と今後求められる取り組みレベル