新生「サクラクオリティ」リリース記念フォーラムが開催されました

 

6月12日、東京セルリアンタワー東急ホテルにて、一般社団法人観光品質認証協会様主催の「新生サクラクオリティリリース記念フォーラム」が開催され、120名様のホテル/旅館・DMO・自治体・観光団体の関係者がご参加されました。
また、フォーラムには国土交通省観光庁長官田村明比古様をご来賓としてお迎えし、サクラクオリティ事業に期待を込めた激励のお言葉をいただきました。

 

「サクラクオリティ」は、訪日外国人受け入れ環境整備には欠かせない「宿泊施設における安心・安全の品質保証」を提供する制度で、これまで、一般社団法人観光品質認証協会様と、八ヶ岳観光圏も参加する「全国観光圏推進協議会」との共同で進められてきました。

今回、更に良いものに改められた「新生サクラクオリティ」としてスタートするにあたり、関係する全国の皆様に幅広く「新生サクラクオリティ」を知っていただきたくフォーラムが開催されました。

全国観光圏推進協議会の会長でもある、八ヶ岳ツーリズムマネジメント代表理事の小林昭治より閉会のご挨拶をさせていただきました。

八ヶ岳観光圏ではすでに、10軒の宿泊施設がサクラクオリティの認証を取得しています。
今後、八ヶ岳観光圏では、訪日外国人受け入れ環境整備には欠かせない安心・安全の品質保証に積極的に取り組んでまいります。

 

●「サクラクオリティ」については下記をご覧ください。
http://www.sakuraquality.com/

●八ヶ岳観光圏でサクラクオリティの認証を取得している宿泊施設
(下記をご覧ください)
http://www.undiscovered-japan.com/?page_id=5721

 

全国観光圏推進協議会

全国観光圏推進協議会

観光圏推進協議会とは、観光庁による「観光圏の整備事業」において認定を受けた全国の観光圏が、平成26年6月13日に立ち上げ、現在13の観光圏によって構成される組織です。観光圏独自の価値に基づく観光を切り口とした地域づくり、そして今後のインバウンド獲得に向けた広域連携等について、全国に展開する観光圏が共通の課題改善に向けて情報共有し、検討しています。各観光圏の取り組みを促進させるため、観光圏同士の情報共有や最新の観光動向の共有のほか、共通事業推進のため、隔月(年6回)で全国観光圏推進協議会の会議を開催しています。

全国観光圏推進協議会に関連するその他の記事