令和元年度 第2回 広域周遊促進戦略会議を開催しました

6月17日、 北杜市のスパティオ小淵沢にて、令和元年度の第2回目の広域周遊促進戦略会議が開催されました。
今回も、首都大学東京 都市環境学部観光科学科 教授の清水哲夫先生をアドバイザーとしてお迎えし、議論と情報共有を行いました。

【議題】

(1)今年度「訪日外国人旅行者周遊促進事業」実施事業について
(2)事業の役割分担について
(3)事業実施についての説明およびヒアリングについて
(4)来訪者満足度調査のスケジュールについて
(5)「訪日グローバルキャンペーンに対応したコンテンツ造成事業」に対応したワーキンググループの形成について
(6)「DMO形成支援事業」経過報告

6月11日付けで内定通知があった「訪日外国人旅行者周遊促進事業」について事業の役割分担等についての議論が中心となりました。

次回の広域周遊促進戦略会議は、二次交通分科会と合同で7月16日に開催されます。

 

広域周遊促進戦略会議

広域周遊促進戦略会議

ブランド確立事業の進捗状況と課題を共有するべく、プラットフォームと観光地域づくりマネージャー並びに行政を中心として、エリア内観光事業者・県や地方運輸局の関係職員で構成するブランド戦略会議も開催しています。会議には外部から講師を招請し、事業へのアドバイスと会議構成員の観光地域づくりに必要な基礎知識のスキルアップも目的としています。

広域周遊促進戦略会議に関連するその他の記事