関東運輸局より観光部長をお迎えし戦略会議を開催

9月17日、 北杜市小淵沢のアルソア本社にて、令和元年度 第4回 広域周遊促進戦略会議、二次交通分科会が開催されました。

今回は、国土交通省 関東運輸局より、観光部長の松場圭一様をお迎えし、八ヶ岳観光圏の戦略会議での合意形成の場や主たる施設をご視察いただきました。また引き続き、首都大学東京 都市環境学部観光科学科 教授の清水哲夫先生をアドバイザーとしてお迎えし議論と情報共有を行いました。

戦略会議【議題】

1)今年度の「訪日外国人旅行者周遊促進事業」進捗状況
 ・進捗状況報告(各部会より)
 ・観光庁への進捗状況報告書の提出について
 ・消費税法改正に伴う変更申請について
2)来訪者満足度調査について(今後のスケジュール/対面調査報告)
3)ツーリズムEXPO(出労等)について
4)今後のサクラクオリティ事業について
5)観光地域づくりマネージャー育成研修について
6)観光地域づくりマネージャーによるワークショップ実施について

【報告】

1)「訪日グローバルキャンペーンに対応したコンテンツ造成事業」経過報告(ランドブレイン株式会社)
2)DMO形成支援事業「住民満足度×経済波及効果分析プロジェクト」経過報告
3)視察(8月2件)・講演(国際観光シンポジウムin関東)について

議題では、今年度訪日外国人旅行者周遊促進事業各事業の進捗状況の報告を中心に、観光庁からの通達や、観光地域づくりマネージャーの育成研修などについて情報共有がされました。

また今年度の重点事業であるグローバルキャンペーンやDMO形成支援事業についても報告がありました。

 

関東運輸局観光部の松場部長様からもご意見や所感などを頂戴致しました。

続く、二次交通分科会では、はじめに清水アドバイザーより「観光(二次)交通問題」についてあらためてお示しいただき、その後、地域の二次交通の現状についての課題をあげるとともに活発な意見交換が行われました。

引き続き二次交通の課題にも取り組んでまいります。

次回の戦略会議は10月の開催を予定しております。

広域周遊促進戦略会議

広域周遊促進戦略会議

ブランド確立事業の進捗状況と課題を共有するべく、プラットフォームと観光地域づくりマネージャー並びに行政を中心として、エリア内観光事業者・県や地方運輸局の関係職員で構成するブランド戦略会議も開催しています。会議には外部から講師を招請し、事業へのアドバイスと会議構成員の観光地域づくりに必要な基礎知識のスキルアップも目的としています。

広域周遊促進戦略会議に関連するその他の記事