令和元年度 第7回 広域周遊促進戦略会議を開催しました

令和元年12月16日、北杜市のスパティオ小淵沢にて、第7回 広域周遊促進戦略会議を開催いたしました。今回も今年度事業の進捗状況や課題の共有はもちろん、来年度の事業についてやMaaSについてなど多くの議論や報告がありました。

◆ 議 題
●令和元年度 訪日外国人旅行者周遊促進事業 進捗状況報告
●令和2年度 訪日外国人旅行者周遊促進事業等の提出予定について
--候補事業の共有
--1/3の補助率になる継続事業の今後について
●令和2年度 訪日グローバルキャンペーン等に対応したコンテンツ造成事業について
●MaaS/ライドシェアの取組みについて

◆ 報 告
●日中観光代表者フォーラム報告
●国土交通省 赤羽大臣との懇談会報告
●DMO形成支援事業「住民満足度×経済波及効果分析プロジェクト」経過報告
●全国観光圏推進協議会報告 ほか

はじめに代表の小林昭治よりご挨拶をさせていただき、アドバイザーの清水哲夫教授(首都大学東京都市環境学部観光科学科教授)からもお言葉を頂戴いたしました。

 

議題では、提出締切が間近に迫った来期の訪日外国人旅行者周遊促進事業や、11月に提出を行った来期の訪日グローバルキャンペーン等に対応したコンテンツ造成事業についてなど、今後を見据えて様々な議論がされました。

また二次交通の課題に対応すべく、著名な登山家であり、現在は北杜市の指定管理業者として甲斐駒ヶ岳 七丈小屋運営・管理も行っている花谷泰広氏が取り組んでいる乗合タクシーを使った事例なども紹介されました。

後半では12月4日~6日に八ヶ岳で開催された第1回日中観光代表者フォーラムや国土交通省赤羽大臣との懇談会の様子について、「合意形成と郷土愛による豊かな地域づくり」をテーマに赤羽大臣に説明を行った、当法人の代表理事より報告をさせていただきました。

 

12月5日に開催された第1回日中観光代表者フォーラムの様子

 

次回の八ヶ岳観光圏戦略会議は2020年1月20日に予定されています。

広域周遊促進戦略会議

広域周遊促進戦略会議

ブランド確立事業の進捗状況と課題を共有するべく、プラットフォームと観光地域づくりマネージャー並びに行政を中心として、エリア内観光事業者・県や地方運輸局の関係職員で構成するブランド戦略会議も開催しています。会議には外部から講師を招請し、事業へのアドバイスと会議構成員の観光地域づくりに必要な基礎知識のスキルアップも目的としています。

広域周遊促進戦略会議に関連するその他の記事