令和3年度 第3回地域戦略セミナー及び二次交通受入環境整備セミナーを開催しました

令和3年7月20日(火)に令和3年度 第3回地域戦略セミナー及び二次交通受入環境整備セミナーをオンライン(ZOOM)で開催しました。

今回の地域戦略セミナーのテーマは「改めて八ヶ岳観光圏をデータから理解する」と題しまして東京都立大学 都市環境学部 観光科学科 清水哲夫教授にご講演頂きました。

地域戦略会議では8つの部会(全体統括、宿泊部会、地域資源活用部会、戦略・情報部会、地域住民部会、マーケティング部会、新型コロナウィルス感染症対策部会、持続可能な地域創出部会)からの報告と今年度の各事業について事業担当者から進捗状況報告と昨年度事業の追跡報告を行って頂きました。第一四半期は各事業は概ね予定通り遂行されているようです。

二次交通受入環境整備セミナーでは「地域の交通需給ギャップを考える」をテーマに清水哲夫教授にご講演頂きました。北杜市の交通需給をレイティングした清水教授の研究室の留学生が8月に出す予定の博士論文を基に交通の需給ギャップを小さくしていくためにどうすればよいかを想定で話していることを、計算で求められたデータで示していただき、参加者との意見交換も活発に行われました。

第3回地域戦略セミナー 議事録

第3回二次交通・インバウンド受入環境セミナー議事録

広域周遊促進戦略会議

広域周遊促進戦略会議

ブランド確立事業の進捗状況と課題を共有するべく、プラットフォームと観光地域づくりマネージャー並びに行政を中心として、エリア内観光事業者・県や地方運輸局の関係職員で構成するブランド戦略会議も開催しています。会議には外部から講師を招請し、事業へのアドバイスと会議構成員の観光地域づくりに必要な基礎知識のスキルアップも目的としています。

広域周遊促進戦略会議に関連するその他の記事