八ヶ岳エシカルツアー造成事業 「八ヶ岳の森を知る ワークショップ」開催のお知らせ

令和4年度訪日外国人旅行者周遊促進事業で行っております、八ヶ岳エシカルツアー造成事業の一環で「八ヶ岳の森を知る ワークショップ」を開催いたします。森林におけるサスティナブルとはどういうものか。生物多様性とはどうあるべきか。温暖化とCO2、森林伐採と植栽と環境管理を評価する方法について、専門家の先生にお話しして頂きます。首都圏から至近で雄大な八ヶ岳の自然景観を活かした、サスティナブルな観光商品を造成するにはどうしたら良いのか、一緒に勉強してみませんか?ご興味のある方はお気軽にご参加ください。

開催概要

日 時: 2022年7月13日(水) 13:30~16:00
会 場: 八ヶ岳自然文化園(長野県諏訪郡原村 17217-1613)
対 象:エコツーリズムガイド、アウトドアガイド、山岳ガイド、観光ガイド、通訳案内士、観光協会、コンテンツ提供事業者の皆様
定 員:20 名程度(感染症対策のため、事前予約制となっております)
参加費:無料
持ち物:筆記用具、スニーカー等汚れても良い靴(園内の森を歩く場合がございます)

申込方法・詳細はこちらをご覧下さい ↓

 

【講師】

 ■ 横山 隆一 (よこやま りゅういち)氏

1958年、東京生まれ。
1983年、高校教員よりNACS-J研究員。
2000年より常務理事、2019年から現職。
Office Yokoyama主宰、(公財)日本自然保護協会(NACS-J)参与、日本イヌワシ研究会副会長、奥利根自然センター代表。
NACS-Jでは、[自然観察指導員]を中心とした環境教育指導者の育成、自然林保護・サンゴ礁生態系保全・猛禽類生息地保護・国立公園の保全、アセスメント制度改善等の研究と保護への応用に従事。毎年10-15件程度の講義・講演。

【著書】「野外における危険な生物」「自然観察ハンドブック」「指標生物-自然をみるものさし」「昆虫ウォッチング」(以上、平凡社)「自然の見方が変わる本」(2007山と渓谷社)「エコ・ツーリズム研修/ヨーロッパアルプス編、スリランカ編」の制作・執筆など。

林野庁・林政審議会、林野庁・保護林管理委員会、環境省・エコツーリズム検討会、尾瀬国立公園協議会等、政策検討会に参加多数。

 

■ 山本 勝之(やまもと かつゆき)氏

1958年、東京生まれ。
1985年、学習塾を閉じ、野外活動こども研究会を主幹。
子供向けの野外活動などの企画・実施に携わる。
1991年に原村に移り住み、「ペンション。ファーブル」を開業。
1996年より八ヶ岳・原村ミヤマシロチョウの会代表
【著書】「昆虫ウォッチング」(平凡社)「美ちょうちょ図鑑」(2,016ホビージャパン)制作・執筆など。

環境省自然公園指導員・長野県希少野生動植物保護監視員