令和4年度第2回地域戦略セミナー開催報告

令和4年6月20日(月)13時30分より、女神の森 セントラルガーデン 陽樹にて今年度第2回目となる地域戦略セミナーを開催いたしました。東京都立大学 都市環境学部観光科学科の清水哲夫教授をお迎えし、「コロナ前のインバウンドを改めて振り返る〜ウィズコロナのインバウンド再興を目指して」をテーマにご講演いただきました。コロナ前のインバウンドに何が起きていたかを改めて振り返り、今後のWithコロナ+SDGs〜地域におけるFITインバウンドの受け入れに向けてどう取り組んでいくかを考えていく上で、JNTO公式ページにおける食関連キービジュアルから国籍/地域別に異なる嗜好を読み解くなどの例などをお話しいただき、とても参考になりました。

その後、行われた戦略会議では、令和4年度に八ヶ岳観光圏で実施する新規事業の概要説明と連携事業者の紹介や、やまなし観光推進機構の山口専務理事より山梨県の令和3年度の宿泊者数の動向などをお話しいただいたほか、山梨県の観光振興課より7月~9月に実施するキャンペーンのご案内がありました。今回の戦略会議は久しぶりの現地開催でしたので、グループディスカッションを行いました。参加者を5 つの班に分け、各班で観光地域づくりマネージャーらがファシリテーターとなり「八ヶ岳観光圏に対する皆さんのイメージ」、「八ヶ岳観光圏に対して望むこと」をテーマについて話し合いました。色々な意見や課題が出て非常に有意義なものとなりました。

0620地域戦略セミナー 議事録

 

広域周遊促進戦略会議

広域周遊促進戦略会議

ブランド確立事業の進捗状況と課題を共有するべく、プラットフォームと観光地域づくりマネージャー並びに行政を中心として、エリア内観光事業者・県や地方運輸局の関係職員で構成するブランド戦略会議も開催しています。会議には外部から講師を招請し、事業へのアドバイスと会議構成員の観光地域づくりに必要な基礎知識のスキルアップも目的としています。

広域周遊促進戦略会議に関連するその他の記事