第2回八ヶ岳観光圏シンポジウム『日本版DMOの取組の先に見える地域づくり』

<八ヶ岳観光圏シンポジウム開催のお知らせ>

『日本版DMOの取組の先に見える地域づくり』

~官民一体の観光地域づくりによる、“住んでよし、訪れてよし、住みたいまち”の実現へ~

八ヶ岳観光圏は、平成22年度に観光圏整備法(平成20年制定)に基づき、山梨県北杜市と長野県富士見町・原村の1市1町1村の3市町村で形成された“観光圏(自然、歴史、文化等において密接な関係のある観光地を一体とした区域)”です。平成25年4月には、新たな基本方針による観光圏制度において、全国で6つの観光圏が再認定を受け(現在では13の観光圏が認定)、官民一体となり行政区域を越えた地域連携による観光地域づくりに取り組んでいます。
八ヶ岳観光圏を構成する3市町村では、平成27年7月に「八ヶ岳定住自立圏」が形成され(全国でも唯一の「観光圏=定住自立圏」地域です)、地域全体で「住んでよし、訪れてよし」、また「住みたいまち」の実現に向け、様々な事業を推進しています。
平成28年5月、八ヶ岳観光圏のプラットフォームである(一社)八ヶ岳ツーリズムマネジメントは「日本版DMO候補法人」に登録され、更なるブランド観光地域及び世界に通用するDMOを目指しております。
今回のシンポジウムでは、これまでの八ヶ岳観光圏の取組と言える「日本版DMO」の必要性や、これからの時代に必要な組織及び地域づくりについて、参加する皆様とともに考えていきたいと思います。

 

開催日時:平成29年11月15日(水)10:00~15:00(9:30開場)

会場:女神の森 セントラルガーデン「森羅」

(〒408-8522 山梨県北杜市小淵沢町1578)

中央自動車道「小淵沢」IC 5分

 

※以下画像より開催案内・参加申込書をダウンロードいただけます。

 

 

プログラム:

(予定)
10:00~ 開会挨拶 来賓挨拶

10:25~ 【第1部】『八ヶ岳観光圏の取組と日本版DMOの確立 』  八ヶ岳観光圏代表 小林昭治
内容:「日本版DMOのモデル」とも評される八ヶ岳観光圏の取組や“観光地域づくりMG(観光庁認定)”の紹介、今後への想いを語る

11:00~ 【第2部】基調鼎談:『日本版DMO(観光地域づくりプラットフォーム)が目指す地域づくりとは』
鼎談者:
観光庁観光地域振興課長 畠中秀人氏/大正大学地域構想研究所教授 清水愼一氏/八ヶ岳観光圏代表 小林昭治
内容:日本版DMO(観光地域づくりプラットフォーム)が目指す地域づくりについて、国×専門家×地域代表による鼎談を通じて考える

12:00~ 【第3部】ガストロノミーメニューコンテスト審査(北の杜フードバレープロジェクト)※昼食を兼ねた試食会/休憩
内容:地産地消・ガストロノミーツーリズム(“食”による観光客の誘致)を推進する事業。事前応募の中から選ばれた5つのメニューの試食投票

<一次審査通過メニュー>

①サンシャインライス(東美由紀「Vege&More」小淵沢町)

②トマトとジャガイモのミルフィーユ(高安美月「北杜高校」)

③イエローパプリカのツナトマトカレーのリゾット(水上光美「一幸亭」笛吹市)

④そば粉と米粉のクレープ(松永玲子「やまなし手づくり酵素の会」大泉町)

⑤エッグベネディクト風ジャガ餅 野菜のラタトゥイユ添え(三森正美「奏樹カフェ&ダイニング」小淵沢町)

13:30~ 【第4部】パネルディスカッション:
『住んでよし、訪れてよし、住みたいまちの実現に向けて~八ヶ岳観光圏の女性の力~』
コーディネーター:五味愛美氏(八ヶ岳観光圏 観光地域づくりマネージャー)
パネリスト:北杜市・富士見町・原村の女性たち

・北杜市より

石田恵海氏(テロワール愛と胃袋)

八巻苗美氏(増富温泉 不老閣)

・富士見町より

カトリーナ氏(ジュリアンズイングリッシュホームステイアンドペンション)

・原村より

多田紀子氏(ペンション 野の花)

内容:八ヶ岳観光圏で輝く女性たちによるパネルディスカッションから見える、新たな視点や発想と、住みよいまちについて考える

15:00   閉会

 

参加お申し込みは、申込書にご記入の上FAXでお送りいただくか、以下のお申し込みフォームで受け付けております。(申込締切:10月31日)

 

※定員に達したため、お申し込み受付は締め切らせていただきました。ありがとうございました。

お申し込みいただいた皆様には、追ってメールにて詳細をご連絡させていただきます。

 

八ヶ岳観光圏シンポジウム

八ヶ岳観光圏シンポジウム

八ヶ岳観光圏において、官と民が共に汗をかきながら取り組む観光地域づくりの成果を紹介するとともに、観光圏の取組みによって見えてきた課題や今後の展望、そして広域連携や意識啓発により創出される独自ブランド、住民が誇れる地域のあるべき姿、さらには日本型DMOについて考えるシンポジウムを開催します。第1回は平成27年12月2日に開催しました。

八ヶ岳観光圏シンポジウムに関連するその他の記事