平成30年度 第3回 広域周遊促進戦略会議を開催しました

7月17日、小淵沢のスパティオ小淵沢にて、平成30年度の第3回広域周遊促進戦略会議を開催しました。

今回の会議でも大正大学地域構想研究所教授の清水愼一先生を招請し、以下の内容について議論・情報共有を行いました。

【議題】

1.今後の事業の進め方

2.来訪者満足度調査について

3.サクラクオリティについて

4.ツーリズムEXPOについて

【報告】

1.アレックス・カー氏/ポールスミザー氏の広域周遊促進事業への関わりについて

2.八ヶ岳観光圏整備推進協議会について

3.他県市議会の視察について

はじめに代表理事より、地域全体で八ヶ岳を盛り上げていく旨をご挨拶させていただき、アドバイザーの清水先生からは、ニセコを事例に、財源を有効に使っていくことの大切さをお話しいただきました。

議題では、「今後の事業の進め方」を大きなテーマとして、工程スケジュール等について、観光地域づくりマネージャーを中心に確認されました。

また「来訪者満足度調査について」の議論や宿泊施設の品質を認証する「サクラクオリティ」について改めて共有が行われました。

八ヶ岳観光圏在住の外国人の方も会議に参加していただき、一緒に議論に加わる中でインバウンドへの対応力を高めてまいります。

広域周遊促進戦略会議は、今後も8月を除く毎月1回開催されます。

広域周遊促進戦略会議

広域周遊促進戦略会議

ブランド確立事業の進捗状況と課題を共有するべく、プラットフォームと観光地域づくりマネージャー並びに行政を中心として、エリア内観光事業者・県や地方運輸局の関係職員で構成するブランド戦略会議も開催しています。会議には外部から講師を招請し、事業へのアドバイスと会議構成員の観光地域づくりに必要な基礎知識のスキルアップも目的としています。

広域周遊促進戦略会議に関連するその他の記事